偏差値60の壁なんてない

中学受験のサポート歴20年以上の経験から、心構えや考え方を公開します。

教え方と取り組み

出来るようになりたいことは、その練習時間を確保する

残り100日期間に入りましたね。今年は都内でも半分近い区の終業式が8月7日で、11週間前の8月9日は短い夏休みの最初の日曜日でした。そして、11週間後の日曜日、1月10日は栄東や開智、大宮開成などの入試日です。 やることは山盛りですが、特にこれからの1ヶ…

やる気のなさと向き合うこと

クラスが上がってもすぐ落ちてしまう、クラスの下位でギリギリしがみついてる、家でもっと頑張らないといけないのにやる気が足りない、なんて時は、よく観察して工夫してみると良いかも知れない、って話です。

受験勉強の合間の気分転換には、散歩、運動、音楽がオススメ。

娯楽の少ない受験生、ゲームやYoutubeやテレビで時間を消費してしまうのは勿体ない。読書や工作も良いですが、時間と集中力を結構使ってしまうので、たくさんは出来ませんね。 時間をあまり使わずに出来る気分転換として、散歩、運動、音楽、昼寝を勧めてい…

もう一段上がるためにする工夫と、成績データ分析

いよいよ8月に入り、残り半年になりました。現在も感染者が増え続け、心配は尽きませんね。学校の対応、通塾の電車とか、塾の授業でも感染するかもしれないとか。また休講になったりしないか。動画授業や自宅学習では、思うように進まなかったり。入試自体、…

夏の間の弱点克服、算数の強化などについて

ご相談などの中で、割と頻出だったのが算数の夏休みの強化や穴埋めについてだったので、基本的な流れを書いておきます。テスト名は四谷のものを使っていますが、他塾でも同じなので、毎週のテストと模試などの全体テストで読み替えてください。 対象問題の抽…

オンラインテストの変更点と使い方

新規申し込み受付を終了しました。なにか別の形で講座開設の際にはブログ内で告知します。なお、講座は閉鎖しないので登録済みの方はそのままお使いいただけます。(2020.7.15) 先日開設したオンラインテスト講座の内容や形式を、ご要望によって幾つか変更し…

中学受験生向けオンラインテスト講座開設のお知らせ

新規申し込み受付を終了しました。なにか別の形で講座開設の際にはブログ内で告知します。なお、講座は閉鎖しないので登録済みの方はそのままお使いいただけます。(2020.7.15) 小学校や塾の休校措置など、落ち着かない状況になっていますね。先日募集した受…

無料公開されている本や学習支援教材のリスト

中学受験に直結するものは少ないけれど、家で過ごす時間が多くなりやすい中での使い道は色々ありそうな、無料公開されている本や学習支援教材のリストです。 小学館 まんが日本の歴史を全巻公開。好き嫌いがあるけど、ハマってくれる子は歴史の流れが入るの…

中学受験生向け算数無料講座のお知らせ

新規申し込み受付を終了しました。なにか別の形で講座開設の際にはブログ内で告知します。なお、講座は閉鎖しないので登録済みの方はそのままお使いいただけます。(2020.7.15) 3月2日〜15日の2週間、新6年生向けの中学受験算数の無料講座を実施します。自塾…

中学受験年度に向けた、休校期間の学習プラン例など

お休み中の予定、本人が10時間や12時間やる意欲があるなら止める必要はありませんが、きちんと管理されたカリキュラム、指導体制がある夏期講習の合間の休みなどと違って、親との相談だけで急遽一日中、それも長期間家にいて勉強できる時間は、学校の時間割…

公立小学校の休校中のスケジュールについて

春休みの開始がほぼ1ヶ月早まるような状況で、特にシングルや共働きのご家庭には緊急事態になっていることと思います。この期間を有効に、かつ親子の衝突を避けて活用することは、受験に限らず親の負担を軽減する上でも重要なので、親子でよく話し合って内容…

子供のやる気がない!ということについて

今日は、ご相談の中でも非常に多い「子供のやる気」についてです。ひとつ前の記事で書いた、自分用の調整時間を持つこととも絡めて書いてみました。 子供のやる気がない、足りない理由 中学受験で親の割合が大きい理由のひとつが、特殊な子以外は受験勉強自…

複数の解法について

昨日の記事がちょっとわかりにくいと感じた方もいらしたので、例題を2つ挙げてみます。 例題1 高さ60cm、幅100cmの長方形ABCDがあり、点Aから射出された球が反射して点Pに届く。点Pの位置は辺BCから20cm、辺CDから60cm。BE間の長さを求めよ。 で、下図のよう…

新中1と新小6の方へ

新中1の方へ 強いプレッシャーのかかった受験が終わり、目標が見えにくくなる感覚を味わったりする時期ですね。今の時期から通塾を始める方もいると思いますが、通塾自体はどちらでも構いません。勉強のペースを完全に失う事さえなければ、必要に応じて塾を…

ちょっと誤解があるように感じること

今日は、相談とか指導フォローの中で、誤解というか、バランスの偏ったイメージになっていると感じることが多いことを色々書いてみました。推敲足りないと思いますが、もう受験も始まっている人もいるので、公開しておきます。 あと、時間的に対応できる限界…

中学受験本番に向けてのイメージ作り

SO4回目や合不合6回目の結果も出揃い。1月入試までは1ヶ月を切り。過去問も進み。緊張感も高まってきた方も多いと思います。私の方も、個別対応がみっちりになってきた上に、子供がインフルAをゲットしてきて、なかなかハードな日々が続いていますが、受験生…

中学受験本番まで、あと夏休み1回分。

とうとう12月1日になりました。あと夏休み一回分で、1月入試が始まりますね。このブログで言えば、「秋からの100日の過ごし方(1)」から中61日経ったので、同じ日数で2月1日の東京入試を迎えます。 最後の模試に冬季講習、過去問に穴埋め、時間が幾らあって…

中学受験後の心配について

最近の相談、偏差値アップとか併願校選びの他に、合格しても深海魚になったらどうしようとか、今でも結構反抗気味なのに、中学入ってしっかりついていけるだろうか、なんてお話があります。今日はそのあたり。 集団には学力の偏りが存在しますね。中央付近が…

秋からの100日の過ごし方(3)偏差値を5ポイント上げる基本的な考え方

1月10日まであと84日、2月1日まで106日。合不合も残り2回ですね。今日は100日の過ごし方の最終回です。 偏差値を1上げるには、たった1問できれば良い(但し完璧に)。 この時期に偏差値が足りない子には「偏差値を1ポイント上げるには1問完璧にすれば良い」…

秋からの100日の過ごし方(2)やることを自分に合わせて選んでいく。

ここから直前期までは、塾で取り組む問題の難度と量もなかなかのもの。全てのテキスト、プリント、宿題を完璧に仕上げると、志望校合格どころか、最高点や満点を目指せるくらいの量だったりします。 もちろん余裕があれば全部仕上げても良いけど、合格を目指…

秋からの100日の過ごし方(1)スタンスを決める。

仕事に取材に台風に個別対応、時間の足りない日々を過ごし、ひと月半で5kg増量。野菜を食べよう。そんな自己管理も足りない私ですが、今日は受験に向けた年内の過ごし方その1。だいぶ押し付けがましい感じになったけど、揺れ動いて相談してくる人もいるので…

中学受験で過去問対策に取り組む場合のポイント

もうすぐ9月、多くの受験生が過去問に取り組み始める時期ですね。今日は過去問への取り組みや考え方についてポイントを書いてみます。 予めチェックしておくと良いのは、どの範囲の問題がどの程度の難度かということ。今の実力でどの程度取れそうかのアタリ…

個別の中学受験指導や家庭教師の利用について

いくつかご相談を受けたので、家庭教師や個別の選び方について少し。 私も受験サポートをやっていたわけですが、必須とは思っていません。大手塾の上位クラスはある程度の質が担保されていると思いますが、個別や家庭教師の場合は、名の知れたところでも質に…

「成績を良くしたいから頑張る」のは欲。「成績が悪いからもっとやれ」は罰。

出来ることや知識が増えている=学力が伸びているのに、偏差値や順位を見て「出来るようにならない」って表現を選ぶ人は結構いる。これが子供の成績が伸び悩む一因だと思っています。 子供の学力は伸びているのに、それを認めるどころか貶める。子供に一生懸…

夏休みを活かす受験までの学習について

夏休みに入って一週間が過ぎましたね。講習に宿題に、基礎のまとめとテストのやり直し。子供も親も、どこが休み!って感じでしょうか。 6年生の方は、あと半年で子供と一緒に闘える時間が終わってしまいます。1月10日までは167日、2月1日まで189日。受験が終…

中学受験に挑む子供を支える、夏から秋にかけての親の心構え その3

例年、四谷大塚の上位層(偏差値55以上、S〜C)では、6月〜9月の組分けでかなり上下動があります。3月には1桁や10番台のトップクラスを取った子が、100〜200番台に順位を下げることも珍しくありません。上位に限らず、48〜52あたりでも数ポイントの上下は頻…

夏から秋にかけての親の心構え その2の補足

前回の記事で、認識のチェックについて触れたところがありました。 だから、枠を広げて、気楽な構えをなるべく作っていく。「子供は別の人格」「目の前のことに集中しやすい=他のことは忘れる」「友達の影響も受けやすい」「感情の影響が大きい」...いろい…

中学受験に挑む子供を支える、夏から秋にかけての親の心構え その2

ここしばらく、結構な数のご相談がありました。色々な悩みや不安を感じたりすることがあっても、懸命に受験に向き合っている方が多いことを実感しています。全ての人に合う必勝法みたいなのは書けませんが、他者の視点を知るひとつとして活用して頂けるよう…

中学受験に挑む子供を支える、夏から秋にかけての親の心構え その1

夏が終わると、親の方はかなりプレッシャーが強くなってきます。順調でもそこそこ心配だけど、成績や子供の意欲の低下なんかに直面すればもっともっと心配。実際に大変なレベルに突入する人は少なくても、大事な話だと思うので少々深刻めに書きます。 これか…

国語の得点力の強化

以前、国語の地力の向上の記事を書きましたが、夏から秋にかけて今度は得点力を上げていく段階になります。地力さえ付いていれば、秋から冬あたりでも間に合う可能性は高いのですが、子供も親もそれなりの成果が欲しくなるのと、得点力の強化に必要な論理性…