偏差値60の壁なんてない

中学受験のサポート歴20年以上の経験から、心構えや考え方を公開します。

お酒と中学受験の話

今日は受験生の親ってだけでなく、お酒を連日飲んで、なんとか凌いでる人向けに。

色々しんどいこともあって、酒がないとやってらんない。よくある話で、悪くもないけど、本当に酒がないと、ってなってるなら捨てたり諦めたり削るものを探した方が良いです。

毎日お酒の入ってる状態=感覚を鈍麻させた状態に慣れていて、それでなんとかバランスを取っていると、どんどん通常のシラフの方の感覚を「知覚過敏で染みる」ように感じるようになって、ストレス耐性が下がって弱っていくので。

受験終わればクリアになることもあるけど、この先もやっぱりストレスは湧いてくるので、感覚鈍らせずに、逃げたり発散したりするパターンも持った方が良いです。酒は向精神薬の一種だし、薬は過ぎれば毒になる。

しんどいのはどこかの疲労が回復を上回って債務超過になってるからで、気力体力の支出を減らすか、回復量を増やさないと。全部抱え込んでこなしつつ、気を紛らわせる方法が酒しかない状況だと、収支のバランスが取れないからどっかで無理が来るので。

自分の意思で1日抜けるなら、それを交互にやるだけでも通常の感覚でいる時間を増やせるので、シラフに慣らす時間と、たまには感覚を鈍らせて休む時間みたいに使い分けて、別バージョンを増やしといた方が良いです。

キャパオーバーをお酒で麻痺させてるのは、心と体にリボ払いさせてるようなものなんで、誰かにまとめて借りてでも、財産売り払ってでも、一括返済しちゃった方が良い。収支合わない人が借りて凌いでも返せないから破綻するのと同じで、心と体は破産で逃げることも出来ない一品もの。

受験なんてやめられます。合格と、ママと一緒に生きてくのとどっちが良い?って聞いて、合格!って子はそんなにいない。健康と天秤にかけるもんじゃないです。欲張るならちゃんと両取りに行かないと。

エネルギーにも時間にも限度があるから、何か欲しければ優先順位の高い方から取っていくしかないし、健康とか家族はだいたい一番上の方なんで、他を犠牲にした方が良いです。家事とか、つきあいとか、お金とか。削れるもの全部削って、家族と健康と受験だけになって、それでも足りないなら、削るのは受験。

でも、そんなこと言ったって!って思う時点で危険。本当に、何を手に入れても、健康と家族を失って「成功」って感じる人なんか見たことない。気をつけてたって病気もするし、頑張っても家族がうまく行かないこともあるけど、自分が大事にしないのは違う。

しんどいなら、削れるものを探して。足りないなら、助けてくれる人を探して。それでも無理なら、中学受験は投げて良いです。お酒もたまになら良いし、時々でも大丈夫。楽しいお酒で、潤いになってるなら問題ない。

でも、お酒で失敗したり、自分がお酒に頼ってるって感じるなら、とりあえず、一日酒を抜いて、誰かに愚痴でも聞いてもらう。家事を適当に切り上げて、のんびり風呂に入る。好きだったことをやってみる。それだけで、一年の半分は抜けます。

 

f:id:aswg-tutor:20200126140606j:plain